青年誌

【アニメ感想/5話】『アオアシ』別れと決意

2022/05/07『アオアシ』5話が放送されました。
タイトルは、第5話「オレンジ色の景色」となっています。

テレビ放送はNHK Eテレで毎週土曜の18:25~。
日曜深夜0時(土曜24時)から、各配信サイトでも視聴できます。

『アオアシ』5話感想

もぐら(小豆)

涙腺がゆるみます……

兄の存在もでかい、と思いました
親ならば、ふつう見送り行かない選択はないです

直接語れないことは、兄と持たせた物にたくしている
母として、信念にちかい何かを感じます

タイトルの「オレンジ色の景色」ですが、愛媛の柑橘類が、色にかかっていたことは漫画でも分かりました

しかし、アニメとなって夕焼けの描写があり、背景の解像度がましています

アオアシ 5話 青井瞬

出典:アニメ「アオアシ」公式HPより https://aoashi-pr.com/
©小林有吾・小学館/「アオアシ」製作委員会
もぐら(鯖)

青井 瞬(あおい しゅん)、葦人のお兄さん
サッカーに理解のある人物です

『アオアシ』5話の見どころ

もぐら(小豆)

5話は、旅立ちまでの背景が丁寧にえがかれていた回でした
見どころを3つあげてみます

1.花の支援

もぐら(鯖)

なぜか優しい

遠くの地にいる監督の妹・一条 花。

花の部屋の本棚には、ユースチームの資料にくわえ、栄養関係の本がありました。

送った献立に電話番号をのせていたのは、葦人に光るものを見出してのことでしょうか。

2.母のそっけなさ

もぐら(鯖)

あえてスルー

本当であれば、しっかり話し合うべきの進路のこと。
それぞれ、立場のちがいがありました。

葦人は、なんとか自分の思いを母に伝えたい。
母・紀子は、もう息子の気持ちは十分に伝わっている。

なぜ紀子は、そっけない行動を取るかというと、しめっぽいのが苦手だからのようです。

今までの教育からして、はっきり言うことが良しとされていた様子。
しかし、面と向かって、言いにくいことも家族にはあります。

アニメ5話にあたる原作の話をみると、母・紀子は若いお母さんであることが分かります

3.海辺の景色

もぐら(鯖)

実際にある駅!

親子に共通する点がありました。

葦人は、学校の仲間に一見そっけない行動をとっています。

駅で格好がつかなかったあとも、「笑って別れたい」とつとめて思っていたようです。

そして、母の本当の思いは、海辺の景色に、暗にしめされていました。
CMに入る前後のアイキャッチ画像は、親子の画像となっています。


ちなみに、5話に登場する駅は、愛媛県伊予市にある下灘(しもなだ)駅です。

作者の小林有吾先生のブログには、愛媛の聖地がのっています。

下灘駅から、東京駅はかなり遠いですね。

『アオアシ』のスピンオフ、『アオアシ ブラザーフット』

葦人の兄、「青井 瞬」が主人公のスピンオフ漫画があります。

タイトルは『アオアシ ブラザーフット』。

無料で試し読みができます。
この無料部分がちょうど5話にかかっていて、完璧な設計です。

興味のある方はぜひ、小学館のサイトなどで読んでみてください↓

アオアシ ブラザーフットの既刊一覧 | 【試し読みあり】 – 小学館コミック


-青年誌
-, , , ,